BL お題小説 君のためなら変わってもいいかな


「俺と付き合ってるんだから他の人に行為を抱かせるような言動しないでよ。嫉妬する。」「無理。僕は誰からも好かれたい。」「なんとなく予想はしてたけど、分かった。なら、命令して。全部受け入れろって。」

「なんでそうなるの。そんなの…」主従関係みたいだ。「俺は本気だよ。それとも他の人に好意を抱かれるような思わせぶりな言動をやめるかい?」「ああ、もうやめ。どっちも選ぶわけないでしょ。」そう言うと不服気にじっと見つめてくるから、あまりにもその瞳が真剣だから。

「少しだけ…」「え?」「少しだけ控えるよ。それでいいだろ。」彼が、考えを変えようとしてくれてる。俺の言葉で「君、変わることないと思ってた。」思わず本音を言えば「なにそれっお前僕に変わってほしいの?それとも変わって欲しくないわけ?さっさと決めろ。」不機嫌になってしまった。

なに、この僕が変わろうとしてるのにそれをそんな風に言うなんて。正直、イラつく。「ごめん。ただ嬉しかっただけなんだ。機嫌、なおしてよ。愛してる。」好きって言えば許すようなやつだと思われてるのは癪にさわるけど、でも許しちゃうんだよな…「はあ…わかった。許す。だけど、今日は甘やかしてよ。なんか疲れた。」

声はまだ不機嫌だけれど、顔は嬉しそうだ。愛してる。その一言だけでそんなに喜んでくれるならもっと言いたいけれど、前に言いすぎてお前の言葉は軽いって怒られたからやめておこうかな。愛してるよ

0

投稿者: shirokumaroll mashiro

しろくまロールです。ましろです。パスワードは222です。