1000文字以下の寂乱1

偽の優しさで甘い言葉を囁く僕を冷たく突き放してよ。

偽りで不確かだったはずの愛が抑えきれなくなりそうだ。

戦うべきものは自分との理性。まさかこんな結果になるなんて。同性の、10近くも年上の男にひかれる日が来るとは思ってなかった。どうしたのと問いかける寂雷になんでもないよっ!と偽りの笑みと嘘が招いた切なさ。

0

投稿者: shirokumaroll mashiro

しろくまロールです。ましろです。パスワードは222です。