許さずに一生を共にする覚悟 寂乱ss

これからまた以前のようになんて無理だけれど許せなくても愛していることに変わりはないよ。」片手で抱き上げられてすごく久しぶりに近くで見る瞳は今まで一度も見たことがないような目をしていた。

急に抱き上げてごめんでも君が帰ってしまいそうだったから。」そう言って寂雷は僕をベッドの上によく横たわらせた。ばっかじゃないの「寂雷は僕を理解できないし僕はお前が嫌いなんだってば」「そうだねその二つはきっとこれからも変わらないけれど私も君お互いを愛し合っているその事実は変わらない。」それは愛していたのはお前だけで僕は寂雷なんかっ。そう言おうとしたのに寂雷の大きい右手が僕の後頭部をふわりと優しく包むから続きが言えなくなってしまった。本当は僕も寂雷を愛してたし愛しているから

君はたまに嘘が下手だけど嘘でも言ってはいけないことはある。そういう時私は君の唇を自分の口で塞いでいたね今日からまたそうしてもいいかい?」口が裂けてもいいよ。なんて言えなくて長い沈黙が流れて。でも駄目なんて言いたくなくて、折れたのは僕だった。頷いてしまった。

ありがとうこれは嬉しいからするキスだからそう言って寂雷にされたキスはやばい気持ちいい。キスなんて慣れてるのに。…....キスなんて慣れてるだろうに遠慮がちに絡ませてくる舌が可愛らしい。そして愛らしい吐息がなんというか、下品な話…ダイレクトに腰に来る。このまま昔のように本能に任せて抱いてはいけない。大切にしたい。頭ではわかってる。

「続き、していいかい…?」「っやだ」口ではやだなんて言うくせに手は私の服を掴んで目では縋るように求めてくるから、別れていた間やり場をなくしていた欲が溢れ出る。そんな時に私の頬に触れ申し訳なさそうな目でみてくるからたまらない。おそらく、彼は一生あの事を謝らないし反省もしないし許して欲しいだなんて言わない。だけど、そのせいで私と離れることになった期間についての「ごめん」そんな目をしていた。だから、今度は私から「大丈夫、変わらない気持ちが良くも悪くもあることは分かってるから。」そんな風に思いを伝えたくて口付けをして舌を絡ませる。背中に腕を回される。本当に、久しぶりだ。このまま、最後まで、終わっても離さない。逃がしはしない。なんて自分でも少し笑えるようなことを考えを隅に追いやって彼のパーカーから腕を抜かせてその下の服も脱がせる。あの頃のままの白く、柔らかそうで少し華奢で小さな体だけどしっかり男だ。それでいて成人男子と言われると違和感を覚える不思議な身体付き何より私よりも随分と脆そうで簡単に壊れてしまいそうで毎回できるだけ丁寧に優しく触れていたことを思い出す。

…….久しぶりに見られるのは少し、恥ずかしい。女を相手にする時はあんまり脱がないし、男とは、寂雷以外とはしないから。寂雷の熱い視線で僕の身体もじんわりと熱を持ち始める。なんでこいつはこんなに優しく僕を抱こうとするかな。愛があってもそれ以上に、いや、同じくらいだと思いたいけど許せないだろうに。優しく前髪をかきあげられて額、頬、そして口にキスを落とされていく。大切に、愛しそうな眼差しに涙しそうになるのを堪えて僕は寂雷の好きにさせる。好きにさせてやることは、受け入れるのは僕にとって愛しているからこそだから。絶対、口にはしないけどこいつもそれは分かってる。繊細な指先が僕に触れてくるから、愛情を注いでくるから身体が、頭が…ぼんやりとしてくる…じゃくらいの抱き方はいつももどかしいほど優しくて、困惑気味になるしそれでいて癖になるくらい…気持ちいい。だから、毎回逃げようと思うけど腕1本で簡単にとらえられる。逃がしてよ。そんな馬鹿なことを思いながら僕はいつも寂雷の腕の中に戻るんだ

…….「乱数くん、好きだよ、愛している。」きっと私はもうベッド上でしかここまでは素直に乱数くんを名前で呼べない。愛を伝えられない。わだかまりがあるから。限られた時だけだと切なくなりつつも必死に紡ぐ言葉。漏れる吐息も声もズボンが擦れる音も全て、聞き漏らさない。切ない気持ちを押し殺して何度も彼の名前と愛を口にした。

….ぼんやりと目を開けながら本当にこいつと、寂雷としたんだなんて思う。横に人の体温を感じて、というか裸で抱き枕にされているから嫌でもわかる。「僕、寂雷の抱き枕じゃないんだけど」わざと不満そうに口に出せば「分かっているよ。たんなる抱き枕だなんて思ってないよ。」なんて返してくるから「そう。」としか返せなくて。愛し続けてくれてありがとう。一生許さないうえでもう一度僕のそばにいていくれる覚悟をしてくれてありがとう。そんな気持ちを「気持ちよかったね。またしようよ。」最低な言葉で愛を伝えた。それなのに全てわかったような瞳でみてくるから居心地が悪くて目を閉じた。

主にクーモクと寂乱の短いss集

0

投稿者: shirokumaroll mashiro

しろくまロールです。ましろです。パスワードは222です。