付き合ってるけどクーの片思いss

最初から気づいてた。モクレンがワタシに向ける感情は恋愛感情じゃなくて友愛だと。

気づいてないふりすればずっと恋人でいてくれる?

君と何度も四季を感じたい。桜よりも綺麗な君。花火よりも屋台に夢中な姿。悪戯な表情でTrick or Treatとお菓子をねだるだろう。たくさんのお菓子をあげて仮装させたいな。白い吐息、雪よりも儚い存在。寒いという君にマフラーをまいてあげたい。

恋人という特別を誰にも渡したくないんだ。ああ、でも思い出なんて不確かな物よりずっと隣にいたい。同じ愛になることは無いのだろう。

でも1人で座るには広すぎるソファ、2人だとちょうどいい。自分が望むワタシはちょっと息苦しくて、だけど君の前だけはありのままでもいい気がして居心地がいいんだ。

君が望むワタシはきっとありのままでよくて。知ってしまったからワタシはずっと君の隣で呆れたり笑ったりしたいから永遠なんてないという君に永遠の愛を誓うよ。

もう戻れない。ここまで来たんだ、死ぬまで一緒にいてよ。そんなことを考えながらも今夜も君を抱いて溢れ出る欲をシャワー浴びて流すんだ。

クーモクss集(クーモク小説まとめ)はhttps://shirokumaroll.com/

をクリックすれば見れます。

0

投稿者: shirokumaroll mashiro

しろくまロールです。ましろです。パスワードは222です。