クーモク小説 悪戯に笑うモクレンが悪い

「クーの嫌がる顔はわりと好きだけどな。」「な、に急に、その好きは遠慮したいかな。」「どんな好きでも私に言われるなら嬉しいくせに。」悪戯に笑うモクレンにああ、ベタ惚れなワタシは何も言えない。せめての反抗でまだからかいの言葉を紡ぎそうな口を塞ぐ。そうすれば君は何も言えない。

クーモクss集(クーモク小説まとめ)はhttps://shirokumaroll.com/

をクリックすれば見れます。

0

投稿者: shirokumaroll mashiro

しろくまロールです。ましろです。パスワードは222です。