発達障害者はなぜ生きづらいのか?

はじめに発達障害とは?

簡単に説明すると生まれつき脳の機能が少し人と違う人のことです。私もそうで発達障害者当事者。特徴は外見は普通でもなにか他の人とはちがう。そんな違和感を覚えられがち。そのためコミュニケーションや社会性に困ることがあります。そしてアスペルガーにもにも3つの呼ばれ方があります。

 

自閉症スペクトラム(ASD)

高機能自閉症

広汎性発達障害

引用 発達障害 グレーゾーンとは?

  • 発達障害は何故生きづらいのか
  • 現代はまだまだ発達障害に対する理解が進んでいない
  • 対策

発達障害者は何故生きづらいのか?

・コミュニケーション能力が少し低いから

・不器用だから

・想像力が乏しいから

・空気を読むのが苦手

主にこの上記の4つを補おうとします。

そうするととてつもない努力をしなければなりません。

疲れます。発達障害の人は普通の人に比べて疲れやすいです。にもかかわらず無茶な努力をしたらどうなるでしょう?

言うまでもなく、とてつもなく疲れます。

加えて発達障害に対する理解はまだまだな現代です。

現代は発達障害に対する理解をしようと

努力していますが努力で完璧な理解ができるのでしょうか?

 

どうしても偏見や差別、

これくらいどうして出来ないんだという溝ができます。

 

また、理解しようとしてくれる人が

必ずしもいるとは限りません。

 

発達障害者を嫌う人、からかう人だっています。

悲しいことにこれが現実です。

 

こうしたことから発達障害者は生きづらく、

うつ病や適応障害になりやすいのです。

悲しい現実ですね。ですが悲観していても何も変わりません。

対策を考えましょう。

対策

1.周りへ理解をお願いする。

これはできるときと出来ないときがありますね。

お願いを聞いてくれるかどうかは相手次第ですから。

 

2.出来ないことを嘆くより、できることを伸ばす。

これが一番いいのではないかなと思います。

自分の得意なことを、すきなことを思いっきりして才能を開花させるのが理想的です。

 

 

3.自分と向き合う

なぜ生きづらいのか、どうすれば生きやすい

環境になるのかを考える。

ここで私がどうすればいいと書いたとしても、

人によってそれはいいときと悪い時があります。

環境や対策は人それぞれですから。

なので詳しくは書きません。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

あくまで発達障害当事者の一般人が書いた

ブログなので間違いがあってもお許しくださいね。

広汎性発達障害の私が先月のんでいた薬

特別な才能がない発達障害におすすめの仕事

 

 

投稿者: shirokumaroll

しろくまロールです。食べ物関連、音楽関連、スマホゲーム関連、その他のことを書いています。もともとは、はてなブログを一ヶ月ほどしていました。ブログ初心者です。よろしくお願いします。このサイトのリンクを貼ったり紹介してくださるのは大歓迎です。むしろ拡散希望ですもん(´・ω・`)