まつはる ss

「ねぇー先輩。先輩は恋ってなんだと思う?」

「なんで私に聞くんだよ」

「恋人だから…?」

首を傾げる姿も可愛いなちくしょう。

だけど質問がいただけない。まつりに恋した今答えたらまつりへの思いをそのまま伝えたことになる。恥ずかしすぎるだろ?!

「ノーコメント」

「えー教えてよ。ね、先輩♡」むぅーこういう時の先輩照れちゃってなかなか答えてくれないんだよね。

「言わない」

「もう、私の方が年下だから年上の先輩は私に教えるべきじゃない?ね、はるみ教えて♡」

「っ知らない」ああもう、なんでこんな可愛いんだよ。質問内容がもうちょい違うのだったらいくらでも答えてやるのに。

「意気地無し。教えてくれなきゃ私がゆずちゃんに恋してた時の話聞かせちゃいますよ…?」ちょっと意地悪すぎたかな…?

「えっ…それはやめろ…」そんなの冗談じゃない。まつりはゆずっちのことは今でも好きだけどそんなlikeじゃなくてLoveだった頃の思いなんて聞いたら死ぬ。

「じゃあ早く答えてね、先輩♡もちろん私のことを考えてよ♡」

「っまつりが初恋なんだから恋なんてよくわかんないんだよ…!」恥ずかしすぎるだろ…穴があったら入りたい…だいたい恋なんてよくわかんないんだよ…最近まつりのこと好きになって、初めて恋を知ったばかりなんだから。

「うわ、かわいいー先輩可愛すぎません…?」

冗談抜きで可愛い。何この可愛い生き物。いや、可愛すぎるでしょ。もう、先輩ってばほんと可愛いんだから♡

「可…愛くなんかない/////」

「可愛いですよ」

「さ…んきゅ」

「私もはるみのこと大好きだよ」

「大好きなんて言ってないだろ?!」

「えーさっき私にベタ惚れな発言したじゃないですかー」

「それは…/////」

「認めてくれたらキスしてあげます♡」

「なっ…ずるい…そ…うだよ、まつりのことが好きだ/////」

「よく出来ました♡」

頑張った先輩にそっとキスを落とす。

真っ赤になっちゃってかわいいー。

これからもたくさん困らせたりするけど

よろしくね、はるみ。

 

gl小説 麦琴

gl小説 真矢クロ

gl小説 短編2

投稿者: shirokumaroll

しろくまロールです。食べ物関連、音楽関連、スマホゲーム関連、その他のことを書いています。もともとは、はてなブログを一ヶ月ほどしていました。ブログ初心者です。よろしくお願いします。このサイトのリンクを貼ったり紹介してくださるのは大歓迎です。むしろ拡散希望ですもん(´・ω・`)