乙しえ ss小説

「しーえーなーちゃん!ねぇキスしていい?」

「はっ…?」

「もう!乙女がそんなリアクションしちゃダメだよ!」

「お前のせいだろ!」

「いやいや、あたしのせいじゃないよ!晴ちゃんもそう思うよね?!」

「ええっ私?!晴は剣持さんの反応しょうがないと思うけどなー」

「えぇー晴ちゃんしえなちゃんの味方なの。じゃあじゃあ兎角さんは?」

「うるさい。お前に非がある。」

「酷くない?!」

「だいたいなんでいきなりキスしようなんて言ったんだよ!意味不明すぎだろ!お前シリアルキラーだろ!」

「もう、しえなちゃんきゃんきゃん吠えないでよ。確かにシリアルキラーだけどなんかキスしたいなーってちょうどしえなちゃん1番近いしルームメイトだからちょうどいいかなーって」

「なんて理由だ…土に還れだいたいちょうどいいかなーってなんだよ!誰でもいいのか?!」

「武智さん…」

「…」

「あーもしかして焼きもち!そうでしょしえなちゃん!もーかわいいんだからー言葉のあやだよー」

「違う!」

「またまたーむきになんなくていいってば」

「一ノ瀬か東このバカをどうにかしてくれ…」

「んー仲がいいのはいいことだよ…?ね、兎角…?」

「…ああ、そうだな」

「東、一ノ瀬…頼むから見捨てないでくれ…」

「しえなちゃんひどい。あたしただキスしようって言っただけじゃん!いじめダメって言ってたじゃん!」

「そのキスが問題なんだよ!恋人同士がするものだろ…/////あといじめじゃない!正論だ!」

「わー照れちゃってかわいい。えぇー」

「でもそんな可愛い表情されるとさらにキスしたくなっちゃったなー…責任取る義務があるよ」

武智はそう言うと剣持を引き寄せて大胆にキスをした。教室で、私と晴がいる目の前で。剣持はしばらく何が起こったのかわかってなさそうな表情で呆気に取られていた。

「っ…?」キス…された…?誰が…?僕が武智にキスされた…?

「たっ武智さん大胆…」

「しえなちゃんのファーストキスもーらい!」

「はっ何すんだよ…/////だいたいなんでファーストキスって知ってるんだ?!」っ最悪だ最悪だ!なのになんで照れてるんだよ僕のバカ!武智に感化されたか?!

「恋愛経験なさそうだなーって思っただけだよ?それより顔赤いね。照れた?嬉しい?あたしキス上手でしょ??」

照れてるしえなちゃん可愛い。ちょっとした悪戯のつもりだったんだけどな。こんなに可愛いといじめたくなっちゃう。

「う…れしくなんか…!っキス慣れてるのか…?」恋愛経験ないってバレてるの癪に障る。何よりほんとにキス上手なのが慣れてる感じがして嫌だ。なんて思ってしまう僕はたぶん、認めたくないけど、武智のことが好きだ。

「んーお姉さんとよくキスしてたからねー」

「そうか…」きかなきゃよかった。傷つくこと無かったのに。だいたいなんでこんなことに…全部武智のせいだ。

「わー拗ねた?!嫉妬?!めんどくさい彼女みたい!」

グサリとくる。

「っ悪かったな!」視界が滲んでいく。

「ごめんってー」

「お返しだ…!」武智を引き寄せてさっき武智が僕にしたようにキスをする。はっ呆気に取られた表情が笑える。僕何やってるんだ…虚しいだけじゃないか…

「し…えなちゃん…」

しえなちゃん…いじめすぎたのか瞳が潤み出して怒られるって思ってたら急にキス…ってしかも意外に上手だし…

「はっざまあみろ…」反則じゃない…?しえなちゃんにこんな勇気…?あるなんて誰が予想するのさ。うわーなんかしてやられた気分。

「っしえなちゃん私のことすきなんだー笑」

「だったらなんだよ…」

吐き捨てるように言われた…しえなちゃんが私を好き…?衝撃なんだけど…いじめっ子嫌いって言ってたじゃん?M…?というかそんな柄にもなくそこまであっさり認めてくれるとは思ってなかったし微妙にかっこいいね…?

「付き合っちゃう…?」

なんとなく、言葉が出た。しえなちゃん可愛いけどめんどくさそうなのに。

「はっお前僕のこと大して好きじゃないだろ」自分で言ってて傷つく

「えぇー大好きだよ!」

「付き合お?ね?」

「わか…った…」

「やったーこれからよろしくね♡」

正直タイプじゃなかったんだけどなーでもいじめた時キリッとする感じや逆に弱々しくなる姿可愛いしいっかー!

「わぁ!おめでとう!しえなちゃん!ドキドキしたね兎角!」

「別に…」

「っあ…ありがとう…」そうだった…一ノ瀬と東いたんだった…忘れてた…恥ずかしい…

「あーしえなちゃん照れてるー可愛いね!あたしの彼女だから可愛いのは当然だけど♡」

「う…るさい…」

「そんなか弱い声でうるさいって言われてもこわくないよー笑!」

「お前が…可愛いって言うから…!」

「うん、そうだね。でも可愛いよ。ちょっと意地悪した時の怒ったような顔も、拗ねた顔も、潤んだひとみもかわいい。」そう言うとしえなちゃんはトマトみたいに真っ赤になって美味しそう。やっぱり赤っていいよねー。

「っ武智も…可愛い…というか綺麗でかっこいい。たまに見せる真剣な顔とか特に好きだ。」

「…し…えなちゃん…ありがとう…嬉しいよ。」まさかあの意地っ張りで天邪鬼なしえなちゃんがこんな素直になると思ってなかったから心臓に悪い。

「お前らいい加減にしろ!人前でイチャつくな!私と晴の存在を忘れるな…!」

「ちょっ兎角さん!今いいとこ!邪魔しちゃダメだって…!」

「悪い…」

「ごっめーん笑」

「しえなちゃん謝らないで!武智さんも大丈夫だよ!」

「ほら、兎角さん!謝って?」

「なんで私が」

「邪魔したからだよー」

「謝らない」

「もう、ほんとごめんね二人とも」

「いや、元はと言えば僕と武智が悪いから」

「二人ともお幸せにね。」

「ああ、ありがとう」

「ありがとー笑!」

 

よろしければこちらも↓

百合小説 乙しえ

0

投稿者: shirokumaroll mashiro

しろくまロールです。ましろです。パスワードは222です。